1. 四元歯科
  2. 豆知識ブログ
  3. 寝起きの口臭

寝起きの口臭


起きの口の中がネバネバしてたり、あるいは乾燥しているということはありませんか?実は、朝起きたときの口の中の状態は、口臭がもっともひどくなる条件を満たしているのです。昼間はそれほど口臭を感じなくても、寝起きの状態では、かなりひどいということもあります。では、何故、寝起きには口臭がひどくなるのでしょう。その理由を紹介します。

1-1 睡眠中は口内細菌がもっとも増殖する

口の中の細菌は食後3時間後から急増し、約8時間後にもっとも多くなります。食べかすがあれば細菌の活動により腐敗し、口臭の原因のとなるガスがたくさん発生します。
寝起きに口臭がもっともひどくなるのは、起きているときよりも唾液の量が少ない、歯みがきをしていないためガスが睡眠中に発生しやすい条件になっていることが原因です。

1-2 唾液の量が減少し殺菌効果が低下

口の中の細菌は、唾液に含まれる抗菌物質によって殺菌されて増加が抑えられています。しかし、睡眠中は唾液の量が減少し、殺菌効果が低下してしまいます。そのため、細菌が増加し口臭がひどくなるのです。

1-3 唾液による洗浄効果も低下する

唾液の効果に細菌を洗い流す効果もあります。睡眠中は起床中に比べ、唾液を飲み込む回数が減少しています。新しい唾液が無いと、細菌を洗いながすことができないのです。そのため、寝起きは口の中がネバネバした感触があります。

特に睡眠中に口を開けて寝る方は、唾液が乾燥して、唾液による殺菌効果と洗浄効果の2つがなされないため、より口臭がひどくなります


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.