1. 四元歯科
  2. 豆知識ブログ
  3. 歯科検診ですること

歯科検診ですること


四元歯科では、初診で来られた患者様や、久しぶりのご来院の方に、資料どりを行わさせていただいてから、診断を行います。

まずは、
パノラマ撮影
歯や、歯根っこ、骨、顎の状態などの、口全体が写るようにレントゲンの撮影を行います。これで、主に硬い骨の状態を確認するので、骨や歯にまで、虫歯が進んでいないか、骨が溶かされていないかどうか診ています。

口腔内写真
パノラマでは、硬い組織しかわからないので、歯茎の状態や、頬の状態、かみ合わせ、歯並びの状態を見るために、カラー写真で、お口の中の写真を撮影します。

歯周ポケット検査
歯周ポケットの深さを測ります。歯茎の下にある歯をささえている骨が溶かされていないか、歯周病が進んでいないかどうか、歯が揺れてないか、歯茎が腫れてないか、磨き残しや歯磨きに偏りがないかどうかみます。

歯磨き指導
歯磨きの状態をみます。
歯磨きの状態から歯茎が腫れてないかどうか、歯周病の進み具合などの個人に合わせた内容をお話しさせていただきます。

主訴の部位
症状に合わせて、細かいレントゲンの写真を撮影したり、先生による視診や触診を行なったりします。

このように様々な資料どりをさせていただいてから、総合的な診断を行っております。
皆さんも健康な、歯お口のために、この機会に検診に行かれてはいかがでしょうか。


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.