1. 四元歯科
  2. 豆知識ブログ
  3. セラミックと金属

セラミックと金属

こんにちは(^o^)
だんだんと秋になってきましたね
朝は涼しく、昼間が暑い日が続きますのでくれぐれも体調にはお気をつけください!

さて本日はタイトルにありました、保険治療と自由診療での詰物の種類についてお話します。
虫歯になってしまった歯は虫歯の部分を削って歯の代わりになる素材で埋める必要があります。ですが虫歯が大きくて削る範囲が大きければ大きいほど、より強度のある大きめの素材で覆わなければなりません。

その素材も年々新しい種類が増えてきています。
まず国の定めた保険治療でできる、詰物です。銀歯ってみなさん聞いたことありますよね!けずってできた穴を銀で埋めます。保険内なので安く済ませられるのが最大のメリットです。しかし、どうしても銀色なので歯との色味の違いが出てしまい、ぱっと見た感じあれ、虫歯かなとおもわれることがあります。そして銀と歯の素材は違うので金属アレルギーが起きたり、0.1ミリくらいの隙間が歯との間にできてそこから再度虫歯になってしまったりするリスクがあります。

次は近年歯科治療に名乗りをあげているセラミックです。こちらは、どのくらいの完成度を目指すかによって様々な種類があります。
セラミックは白いものが多く、歯と色味が似ているのでどこを治療したかがわかりにくくなります。そして歯と馴染みがいいのでしっかり歯にはまり隙間を埋めることで、虫歯になるリスクが減ります。
そんなセラミックにも欠点はあり、陶器のように硬いものから樹脂とセラミックを混ぜた素材まで様々なものがあるのですが、強い衝撃を受けると下にある歯を守る代わりに、セラミックが割れてしまうということです。
例えば、食いしばりによる歯への加圧だったり寝ている間の歯ぎしり。個人差はありますが、私達は日常的に歯に負担を与えた生活をしています。しかしそれはマウスピースという自分の歯に合わせて作るプラスチックの下敷きのような器具で防ぐことができます。

当院でも様々なセラミックの種類や保険治療と自由診療に詳しい専門の相談員が在中していますので、ぜひお気軽にご相談ください(*^^*)


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.