1. 四元歯科
  2. 豆知識ブログ
  3. 歯間ブラシあってないと

歯間ブラシあってないと


歯間ブラシのサイズの選び方は、歯と歯の隙間よりも小さめで、歯間部分にスッと入るものを選びましょう。歯はエナメル質に覆われていますが、元は歯茎で覆われていた部分で、歯茎が下がったことで露出してしまった露出根面はエナメル質には覆われていません。

ですから、きつい歯間ブラシを長期間使った場合、金属のワイヤー部分で擦られることで、歯が欠損してしまうことがあります。また、サイズの合わない歯間ブラシを無理に押し込むことで、歯肉が下がってしまう歯肉退縮が起きてしまうこともあります。

特に歯周病でそもそも歯肉の退縮が見られる場合、歯間ブラシを使うことによってさらに歯肉を押し下げてしまうこともあるため、歯肉の退縮が見られたら一旦使用を中止し、かかりつけの医師の診断を仰ぎましょう。

歯の隙間の大きさは、どこの歯によってかも異なります。一般的に小臼歯→前歯→大臼歯の順番に歯の隙間が狭くなります。ですから、お手入れする場所により、歯間ブラシのサイズも使い分ける方が歯茎を傷つけることなくきれいにお手入れすることができます。



エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.