1. 四元歯科
  2. 豆知識ブログ
  3. 歯間ブラシの使い方②

歯間ブラシの使い方②

こんにちは、鹿児島市四元歯科です。
今回は「歯間ブラシ」についてご紹介します。

歯間ブラシはどんな時に使えばいいのか?
①歯と歯の間に隙間のある方
 歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけではすべて取り除くことは難しいものです。特に歯周病などで歯ぐきが下がることにより歯と歯の隙間が目立つようになってきます。
 歯と歯の間は磨きづらい場所でもありますので歯間ブラシを併用することをおすすめします。
②歯が抜けている方
 抜けている歯があると、歯と歯の間に広い隙間ができます。
歯ブラシが隙間にうまく入らない、その部分の汚れが磨けなくなってしまいます。そんなときは歯ブラシよりも小さな歯間ブラシを使用し、残っている歯の汚れを磨き落とし、清潔に保ちましょう。

お口に合ったサイズの歯間ブラシを
 歯間ブラシのサイズが大きすぎたり小さすぎたりしてしまうと、汚れを取り除けないばかりか歯茎を傷めてしまうことがあります。歯間ブラシは、隙間に合わせて使用できるように様々なサイズのものがありますので、ご自分の歯茎の大きさにあったサイズのものを使用しましょう。

歯間ブラシの保管について
 歯間ブラシは使い捨てではありませんので適切に保管しましょう。
 使用後は流水化で洗い、汚れを落とします。汚れが落ちにくい場合は指でこすり洗いしましょう。その後、よく乾燥させ、細菌の繁殖を防いでください。
 また、歯間ブラシは使用していると植毛部分の金属が折れやすくなるため、長くても1か月ごとの交換をおすすめします。


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.