1. 四元歯科
  2. 豆知識ブログ

詰め物ができるまで


こんにちは
今日は詰め物ができるまでの工程をお話しします
小さな虫歯は削って白く柔らかいレジンという材料で埋められますが大きな虫歯は変わりになる材料で埋める必要があります。まず、虫歯になっているところを削って虫歯を取り除きます。虫歯が取れたら次にレジンの素材をクッションにします。そうすることで詰め物が直接歯に当たるのを防いでくれます。レジンの形を整えたら型取りに入ります。9月25日の豆知識ブログでもお話したのですが詰め物の種類は金属やセラミックがあるのですが本日は金属でいきます。
まず、寒天という温かい材料とアルジネートというピンク色の冷たい材料を用意します。(どちらも1,2分で固まってしまうので時間との勝負!)型取りをしたい部分に風をかけて水滴や気泡を飛ばします。最初に寒天を流して型取りする部分を覆います。そのあと上からアルジネートでおさえて固まるまで待ちます。次にパラフィンワックスという材料をお湯で溶かして柔らかくして噛んで、詰め物をする部分のかみ合わせの型を取ります。最後に型取りをした部分の反対側の型を取ったあとプラストシールという仮の蓋をして終わります。仮の蓋をすることで削った部分に当たる刺激を抑えます。
そのあと石膏を型取りをしたものに流します。石膏は技工士にだして銀を流して詰め物の形を作ってもらいます。
中日を1週間ほど頂いて詰め物が出来上がってきます。お口の中で調整して完成です。

たくさんの工程を経て一つ一つ技工士のもとで手作りされています。さまざまな種類がありますので気になる方は当院スタッフまでどうぞ!(^^)!


デンタルフロスを使うメリット

デンタルフロスを使うメリット
・ブラッシングだけよりも歯垢がよく落ちる

・早期発見につながる
デンタルフロスを使うと、初期の虫歯や歯周病などの早期発見につながります。

・口臭予防にも効果的

・補綴物の状態をチェックできる
歯の詰め物や被せ物は、経年劣化などで外れてしまったり、浮いてしまったり、グラグラと不安定になっていることがありますが、フロスを使うことで早く不具合いに気付くことが出来ます。


・歯と歯の間でザラザラした感触がある
・歯の表面が凸凹していて引っかかる感じがする
・歯同士が重なる箇所以外の毎回同じ部分でフロスが引っかかる
・出し入れの時に糸がひっかかってバラバラになる

もし当てはまる点があれば、一度歯医者さんに診てもらうようにしてください。



お薬手帳


治療を受ける前にお薬手帳を
見せていただくことがあります。
歯医者で、からだの病気のことや
飲んでいる薬は関係ないと思う方が
多いかもしれません。

例えば血液サラサラのお薬を
飲んでる方が抜歯や歯周病の治療を
すると血が止まらなくなったりすることも
あるので、飲んでいるお薬が
どのようなものか把握することは
お互いにとって重要なことになります。

安全な治療をするためにも
事前にお薬手帳を持って受診しましょう!


歯科検診ですること


四元歯科では、初診で来られた患者様や、久しぶりのご来院の方に、資料どりを行わさせていただいてから、診断を行います。

まずは、
パノラマ撮影
歯や、歯根っこ、骨、顎の状態などの、口全体が写るようにレントゲンの撮影を行います。これで、主に硬い骨の状態を確認するので、骨や歯にまで、虫歯が進んでいないか、骨が溶かされていないかどうか診ています。

口腔内写真
パノラマでは、硬い組織しかわからないので、歯茎の状態や、頬の状態、かみ合わせ、歯並びの状態を見るために、カラー写真で、お口の中の写真を撮影します。

歯周ポケット検査
歯周ポケットの深さを測ります。歯茎の下にある歯をささえている骨が溶かされていないか、歯周病が進んでいないかどうか、歯が揺れてないか、歯茎が腫れてないか、磨き残しや歯磨きに偏りがないかどうかみます。

歯磨き指導
歯磨きの状態をみます。
歯磨きの状態から歯茎が腫れてないかどうか、歯周病の進み具合などの個人に合わせた内容をお話しさせていただきます。

主訴の部位
症状に合わせて、細かいレントゲンの写真を撮影したり、先生による視診や触診を行なったりします。

このように様々な資料どりをさせていただいてから、総合的な診断を行っております。
皆さんも健康な、歯お口のために、この機会に検診に行かれてはいかがでしょうか。


歯間ブラシあってないと


歯間ブラシのサイズの選び方は、歯と歯の隙間よりも小さめで、歯間部分にスッと入るものを選びましょう。歯はエナメル質に覆われていますが、元は歯茎で覆われていた部分で、歯茎が下がったことで露出してしまった露出根面はエナメル質には覆われていません。

ですから、きつい歯間ブラシを長期間使った場合、金属のワイヤー部分で擦られることで、歯が欠損してしまうことがあります。また、サイズの合わない歯間ブラシを無理に押し込むことで、歯肉が下がってしまう歯肉退縮が起きてしまうこともあります。

特に歯周病でそもそも歯肉の退縮が見られる場合、歯間ブラシを使うことによってさらに歯肉を押し下げてしまうこともあるため、歯肉の退縮が見られたら一旦使用を中止し、かかりつけの医師の診断を仰ぎましょう。

歯の隙間の大きさは、どこの歯によってかも異なります。一般的に小臼歯→前歯→大臼歯の順番に歯の隙間が狭くなります。ですから、お手入れする場所により、歯間ブラシのサイズも使い分ける方が歯茎を傷つけることなくきれいにお手入れすることができます。



エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.