1. 鹿児島中央駅すぐの歯医者「四元歯科」
  2. 豆知識ブログ

歯間ブラシの使い方②

歯間ブラシはどんな時に使えばいいのか?
①歯と歯の間に隙間のある方
 歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけではすべて取り除くことは難しいものです。特に歯周病などで歯ぐきが下がることにより歯と歯の隙間が目立つようになってきます。
 歯と歯の間は磨きづらい場所でもありますので歯間ブラシを併用することをおすすめします。
②歯が抜けている方
 抜けている歯があると、歯と歯の間に広い隙間ができます。
歯ブラシが隙間にうまく入らない、その部分の汚れが磨けなくなってしまいます。そんなときは歯ブラシよりも小さな歯間ブラシを使用し、残っている歯の汚れを磨き落とし、清潔に保ちましょう。

お口に合ったサイズの歯間ブラシを
 歯間ブラシのサイズが大きすぎたり小さすぎたりしてしまうと、汚れを取り除けないばかりか歯茎を傷めてしまうことがあります。歯間ブラシは、隙間に合わせて使用できるように様々なサイズのものがありますので、ご自分の歯茎の大きさにあったサイズのものを使用しましょう。

歯間ブラシの保管について
 歯間ブラシは使い捨てではありませんので適切に保管しましょう。
 使用後は流水化で洗い、汚れを落とします。汚れが落ちにくい場合は指でこすり洗いしましょう。その後、よく乾燥させ、細菌の繁殖を防いでください。
 また、歯間ブラシは使用していると植毛部分の金属が折れやすくなるため、長くても1か月ごとの交換をおすすめします。


被せ物と土台の歯

みなさん、虫歯治療をして
被せ物をしたら治療が終わった〜と
安心していませんか??
確かに被せ物までしたらその歯の治療は
終わりかもしれませんが、被せ物を
したからといってもう虫歯にならない
っていうことはありません。
被せ物をしている下の土台の歯は
虫歯を削ってなんとか残せた
ご自身の歯です。被せ物と歯の継ぎ目は
プラークが溜まりやすく虫歯に
なりやすいです。また被せ物の下の
虫歯には自分で気づくのは難しく、
最悪、歯を失ってしまう場合もあります。
そうならないためには日頃から
歯医者でのメンテナンスが大事に
なります。痛みがあるないは関係なく、
まずは今の自分の口腔状態がどうなのかを
知るためにも一度メンテナンスを
受けてみましょう^ ^


歯間ブラシの使い方

歯間ブラシとは?
歯間ブラシは歯と歯の隙間の汚れを取り除くための歯ブラシより小さなブラシです。
金属のワイヤーにナイロンの毛がつけられていて、植毛部分は歯ブラシよりも細く作られており、ワイヤーで出来ているため、適切な角度に曲げることができます。
様々な隙間の大きさに対応できるよう、歯間ブラシは大小いくつかのサイズがあります。

歯間ブラシの使い方
歯間ブラシの使い方は、それほど難しくはありませんが、使い方を誤ると歯ぐきを傷つける恐れがあるので注意しましょう。
①歯と歯の隙間にあったサイズの歯間ブラシを選ぶ。
②歯ぐきを傷つけないように、歯間ブラシをゆっくりと歯と歯の間に入れる。
③歯ぐきではなく、左右の歯の表面に沿って当たるように動かす。
奥歯に対して使用する場合は、歯の内側、外側から使用すると、より効果的に汚れが取り除けます。


お口のトラブル

みなさん、お口の臭いを
気にしたことありますか?

歯周病が進むとお口の臭いの原因に
なりますが、その他にも磨き残しが
多い歯と歯の間に溜まったプラークが
臭いの原因や、舌の汚れなど様々な
理由があります。

きちんとしたプラークの除去は
毎日の歯磨きはもちろん、フロスを
使ったり、1番は定期的にメンテナンスで
歯医者に通うことです^ ^

ですのでぜひ歯医者での定期検診を
受けてお口の中をキレイな状態を
保ちましょう!!


詰め物ができるまで


こんにちは
今日は詰め物ができるまでの工程をお話しします
小さな虫歯は削って白く柔らかいレジンという材料で埋められますが大きな虫歯は変わりになる材料で埋める必要があります。まず、虫歯になっているところを削って虫歯を取り除きます。虫歯が取れたら次にレジンの素材をクッションにします。そうすることで詰め物が直接歯に当たるのを防いでくれます。レジンの形を整えたら型取りに入ります。9月25日の豆知識ブログでもお話したのですが詰め物の種類は金属やセラミックがあるのですが本日は金属でいきます。
まず、寒天という温かい材料とアルジネートというピンク色の冷たい材料を用意します。(どちらも1,2分で固まってしまうので時間との勝負!)型取りをしたい部分に風をかけて水滴や気泡を飛ばします。最初に寒天を流して型取りする部分を覆います。そのあと上からアルジネートでおさえて固まるまで待ちます。次にパラフィンワックスという材料をお湯で溶かして柔らかくして噛んで、詰め物をする部分のかみ合わせの型を取ります。最後に型取りをした部分の反対側の型を取ったあとプラストシールという仮の蓋をして終わります。仮の蓋をすることで削った部分に当たる刺激を抑えます。
そのあと石膏を型取りをしたものに流します。石膏は技工士にだして銀を流して詰め物の形を作ってもらいます。
中日を1週間ほど頂いて詰め物が出来上がってきます。お口の中で調整して完成です。

たくさんの工程を経て一つ一つ技工士のもとで手作りされています。さまざまな種類がありますので気になる方は当院スタッフまでどうぞ!(^^)!


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.