1. 鹿児島中央駅すぐの歯医者「四元歯科」
  2. 歯科コラム
  3. 前歯が欠けた・転んで折れた時の対処方法。歯医者さんへ行く前にすべきこと

前歯が欠けた・転んで折れた時の対処方法。歯医者さんへ行く前にすべきこと

歯の欠け・割れ・折れでお困りですか? 転んだ・ぶつけたといった事故(外傷)で歯が欠けてしまったとき、正しい対処ができるかが非常に大切です。
欠けてしまった歯を守り、周辺組織へのダメージを最小にとどめるために、慌てずに、まずは次の行動を取ってください。

あなたがすべきことは2つ。

歯のダメージを最小限に抑えるためには、
・正しい応急処置
そして
・速やかに歯科医院を受信すること
が大切です。

1.まずは慌てず、応急処置をしましょう

①歯を触ったり動かしたりしないこと

欠けた部分や、破片を触ったり動かしたりすることは避けましょう。気になって触ってしまう気持ちもわかりますが、欠け・折れを大きくしたり、神経へダメージを与えてしまったりすることになるので、とにかく「触らない」「動かさない」ことに気をつけてください。

<歯が欠けたときの注意点>

・舌や手で触らない
・グラグラするところを触らない
・無理に食事を取らない

②歯の破片・抜けてしまった歯の保存方法

再植の可能性を高めるために、歯の破片や抜けてしまった歯の保存方法には注意が必要です。特に、歯が抜けてしまった時には、流水でゴシゴシ洗うのは絶対に避けてください。抜けた歯の周りの組織(歯根膜と呼ばれる、歯の根っこの周りにある組織)細胞を傷つけないように、生理食塩水などに浸して保管してください。

<保存方法について>

・歯の破片を傷つけないよう保管する
・歯をゴシゴシと洗わない
・歯の保管方法は、生理食塩水に浸すかお口の中に入れておく
・抜けた歯は乾燥させない

2.速やかに歯医者さんを受診

歯科医院を受信される際には、あらかじめ連絡をしておくと、緊急性に応じて処置を優先してもらうことができます。病院へ向かう間に、一報入れておくとスムーズに診てもらえるでしょう。
歯の欠け・割れ・折れについて、歯科医院での治療は以下のようなものがあります。

歯が欠けてしまった時

歯の欠けが小さい場合、レジン修復(白いプラスチック)を詰めて欠けを修復します。
大きく欠けてしまった場合でも、状態によっては欠けた破片を接着できることもあります。強度が保てない場合などは、欠けた部分を整形し、型をとって被せ物を作成します。保険診療であれば銀歯や前装冠(歯の裏側だけ銀歯のもの)を作製します。自費診療であれば、セラミック・ジルコニア等、治療の選択肢も広がります。
歯が大きく欠けて、さらに神経が露出してしまっている場合は、強い痛みを伴います。このケースでは、神経を除去し、被せ物により修復を行います。

歯が割れてしまった時

歯が、歯茎の奥で折れてしまった時は、被せ物治療をするために折れてしまった部分まで歯を引っ張り出す必要があります。
矯正装置などを使って歯を上に持ち上げるので時間がかかりますが、自分の歯の根っこを残すことができる治療方法です。
歯茎のずっと深いところで折れてしまった場合や、縦に折れてしまったケースでは、やむを得ず抜歯が必要になることがあります。歯を抜いた後は、他の歯が傾いたり悪くなったりしないように、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどで補う必要があります。

歯をぶつけて、グラグラしている時

歯の状態によって、残せる場合と抜歯が必要になる場合があります。歯や歯周組織のダメージを確認し、問題がなければ両隣の歯に固定して元の位置で定着するまで炎症が治まるのを待ちます。

歯を脆くする習慣を見直しましょう

ここまで、歯が欠けてしまった時には「速やかに歯科医院を受診する」ということをおすすめしてきましたが、もう一つ大切なことをお伝えする必要があります。

もしあなたが今回、大きな事故ではなく、食事や何気ない生活の中で歯が欠けたり割れたりしてしまったのなら、今後、別の歯でも欠け・割れ・折れといったトラブルを繰り返す可能性があります。

何故ならば、こういった方の場合、「歯自体が脆くなっている」可能性が考えられるからです。

例えば、

・気づかないうちに虫歯が進行している
・歯ぎしり・食いしばりの積み重ねで日頃から歯に負担がかかっている
・酸性の強い飲料を飲むことが多く、歯が脆くなっている

こういったことにより歯が脆くなっていたところに、たまたま力がかかり、「歯が欠ける」というトラブルとして表面化した可能性があるのです。

歯が欠けてしまった際には、形を元に戻すことばかり気にしてしまいですが、根本的な原因から解消しなければ、また同じことを繰り返してしまうかもしれません。

歯に異変を感じたら、歯医者さんでお口全体の健康状態を一度きちんと診てもらうことが大切です。

前歯に関するコラムをもっと読む


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.