1. 四元歯科(鹿児島市)
  2. 歯科コラム
  3. 自分の口臭を確認する方法。ニオイの原因をセルフチェック!

自分の口臭を確認する方法。ニオイの原因をセルフチェック!

誰しも、自分の口臭が気になった経験があるのではないでしょうか?
口臭は誰にでもあるものですが、一定のレベルを超えることで「口臭」として周囲に不快感を与えてしまうことがあります。
今回は、口臭の原因についてご紹介していきます。

口臭の原因とは?

ニオイの原因のほとんどはお口の中にあり、まず虫歯・歯周病といったトラブルが口腔内で起きていることが疑われます。この場合、お口の中の病気やトラブルを解決しない限り、口臭を改善することができません。
それ以外では、空腹時・起床時など一時的に強くなる口臭や、食べ物によって生じる口臭も原因として考えられます。

いくつ当てはまる?口臭セルフチェック

市販の「口臭チェッカー」なども販売されていますが、お家でカンタンにできるセルフチェックを行うことができます。

①唾液でチェックする方法

口の中(歯茎や舌など)を指でこするようにした後、唾液の臭いをチェックします。唾液が強い臭いを発している場合、口臭を発生させている可能性があります。

②ビニール袋に息を入れて確認する方法

一度ビニール袋に入れた息を嗅いで確認します。もっとも手軽に、息のチェックを行うことができます。

③チェックリストを確認する方法

当てはまる物がないか、あなたもチェックしてみてください。

  • 歯磨きが毎回2分以内
  • 舌の表面が白っぽい
  • タバコを吸う
  • 口の中が渇きやすい
  • 虫歯(銀歯・差し歯)がある
  • 歯によく物が挟まる
  • 歯茎が腫れたり、膿が出たりすることがある
  • 歯医者さんへ何年も行っていない

もし一つでも思い当たるものがあったら、歯科医院でのお口の検査をお勧めします。

歯医者さんでできる口臭検査とは?

歯科医院では、お口全体のチェックを行うことで虫歯や歯周病といった、口臭の原因がないかを調べることができます。単にお口の汚れが原因の場合でも、クリーニングを行うことでお口を清潔な状態にすることができます。
また、以下に挙げるような機器を使用することで、口臭の有無やそのレベルを測定する方法もあります。全ての医院でこれらの機器を備えているとは限らないため、初診時に「口臭の検査はできますか?」と確認しておきましょう。

①口臭測定器(オーラルクロマ)

口臭を「硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド」の3つのガスに分離し、各濃度を測定することで、口臭の原因を突き止めることができます。

②口臭測定器(ブレストロン)

口腔内の口臭の程度を45秒で測定することができます。また、口臭の原因を判断します。マウスウォッシュなどによる影響を受けづらいことも特徴です。

③口腔内の水分量検査

口腔内の乾燥状態を測定するための機器です。唾液はお口の中を洗い流し、清潔に保つ働きがあルため、不足することで口臭が強くなる傾向があります。

口臭改善の近道は「原因を特定すること!」
口臭には原因があり、その原因へ正しくアプローチすることで、確実に口臭を改善していくことができます。
口臭かも?と気になったら、歯磨き粉やタブレットなどで紛らわすよりも、歯医者さんでお口の健康状態をチェックする方が近道ではないでしょうか。

口臭に関するコラムをもっと読む


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.