1. 鹿児島中央駅すぐの歯医者「四元歯科」
  2. 歯科コラム
  3. 前歯だけ矯正したい… 部分矯正のメリットとデメリットについて

前歯だけ矯正したい… 部分矯正のメリットとデメリットについて

歯の矯正といえば、歯全体に矯正装置を着けるイメージですが、「部分矯正」という選択肢もあることをご存知でしょうか。一部分だけの矯正のため、全体的に行う矯正よりも費用も治療期間も抑えることができます。
では「部分矯正」とはどんなものなのでしょうか?今回は、前歯の治療方法やメリット・注意点などについてご紹介していきます。

部分矯正、という選択肢があります。

「部分矯正」とは、歯並びを治したい一部分にだけ矯正装置を着けて行う矯正方法です。全体矯正と違うのは、矯正装置を部分的にしか着けないということ。そのため、痛みや違和感も少なく、治療期間も短く済みます。また、費用も全体矯正に比べ低価格になります。

前歯の部分矯正を行うだけでも、口元だけでなく顔の印象も変わります。
「前歯の一部分だけを治したいけど、全体的な矯正までするのはちょっと・・・」と治療をためらっていた方にはおすすめの方法です。

部分矯正のメリット

①    目立たない

今まで矯正治療は「金属色が目立つ」ことが一般的でした。しかし最近では、歯に付ける装置が「半透明」で目立たないなど、矯正中の見た目も気にならないようになっています。

②    短期間の治療

部分矯正は、部分的に歯を動かすため治療期間が比較的に短期間(数ヶ月~2年以内)で済むのが嬉しいところ!
全体矯正は、歯全体を少しずつ動かして、もともとの歯並びを変えて治します。そのため、治療には最低2~3年ほどかかってしまうのです。

部分矯正で前歯を引っ込める方法

①歯の表側に装置をつける矯正

従来からの矯正治療の方法で、歯の表側に装置をつけます。

②    歯の裏側に装置をつける裏側矯正

歯の裏側に装置をつける方法です。矯正をしているのも、見た目からは分かりません。

③    マウスピース型装置の矯正

透明なマウスピースをはめて部分矯正をすることもできます。

部分矯正を行う上での注意点

・お口の状態によっては部分矯正が難しいことも。費用や治療期間がかかってしまいますが、全体矯正をした方がキレイに整う場合もあります。

歯を削る量が多くなる可能性があります。部分矯正は、歯をきれいに並べるために、健康な歯を削ることもあります。削られた歯は歯の層が薄くなるため、冷たいものがしみるなどの症状がでるかもしれません。
歯は一度削るともう戻らないため、なるべく「歯を削らない、抜かない」方法を探すのが一番良いです。

全体的なかみ合わせの改善はできません。また、部分的に歯並びを整えることでその他の歯に隙間ができる可能性があります。

これらの可能性は、お口の中を見て、検査や診断をしてみないと分かりません。
「前歯の歯並びが気になるから、ここだけ治したい」という方は、まずは矯正専門医に相談をして、適した治療方法を提案してもらいましょう。

部分矯正はこんな方にオススメの治療法です

部分矯正治療は、「前歯だけ歯並びをキレイにしたい」という方におすすめの矯正治療です。また、治療期間が短いため、「忙しくてなかなか通院できない」「結婚式前に早く治したい」という方にもおすすめです。
しかし、部分矯正では歯全体のかみ合わせを治すことができないので、前歯以外の歯列がきちんと噛み合っている方が対象となりますので、ご注意ください。

部分矯正が可能なケースは、軽度のでこぼこ、すきっ歯の方です。「強いでこぼこ」「出っ歯」「開咬」「受け口」の場合は、全体矯正が必要となってきます。

まとめ

人からよく見えやすい前歯を、少し整えるだけで笑顔にも自信が持つことができます。「ここの部分だけ治せたら…」と悩まれている方は、部分矯正という方法も選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、前歯の部分矯正は、「見た目だけ」しか変えることはできません。素敵な口元にはなれても、全体的にバランスよく「しっかりと噛む」ことができていなければ、健康に支障が出てきてしまうでしょう。

「お口の健康」につながる治療を選択することも大切です。部分矯正を考える際は、矯正専門医とよく相談してみましょう。

前歯に関するコラムをもっと読む


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.