1. 鹿児島中央駅すぐの歯医者「四元歯科」
  2. 歯科コラム
  3. 大きい前歯を目立たなくしたい!治療方法とそのリスクについて

大きい前歯を目立たなくしたい!治療方法とそのリスクについて

前歯を気にしたことありますか?

日本人は西洋人に比べて前歯に厚みがあり、大きいといわれることがあります。
特に、一番目立つところにある前歯なので、笑ったりすると必ず見える位置なのでコンプレックスに感じる方も多いと思います。

むし歯じゃないけど、審美だけで「歯」って削れるの?
小さくする方法ってあるの?

気になっていることをまとめてみました。

大きい前歯と出っ歯の違いとは?

大きい前歯と出っ歯は違います。
前歯が大きくなってしまう原因に歯が歯茎のなかで作られるときに栄養が行き過ぎてしまったためとも言われています。
本来はそれほど大きくないのに前歯が出ていることが原因で大きく見えてしまっているということもあります。
それ以外の原因として言われているのは遺伝的要素があることです。

出っ歯は前歯の上顎(歯を支えている骨)が前に出ていたり、下顎(下の歯を支えている骨)の成長が不十分であったりすることが出っ歯になってしまう原因のひとつです。
出っ歯も遺伝的要素はありますが、癖や習慣も出っ歯になる原因を作り出しているのも事実です。

例えば、おしゃぶり・指しゃぶり・爪噛みなどがあげられます。
おしゃぶりや指で前歯が押し出されることや爪や物などを噛んで外側に引っ張られることが原因で出っ歯になってしまうことがあります。

大きい前歯を目立たなくする方法は1つ、健康な歯を「削る」こと

大きな歯を目立たなくさせるには、歯を削ること!
結論から言えば前歯を削ることは十分可能です。ただし、歯を削ることのできる範囲は限られてきます。
どのくらい削るのかによっては治療方法も変わってきます。

歯を削るリスクについて

歯はできるだけ削らないほうがいいと思います。削れば削るほど歯は弱くなっていきます。
歯の表面のエナメル質は人の体の中で一番硬い部分です。

エナメル質のすぐ内側には象牙質がありこの部分を露出するぐらい削ってしまうと知覚過敏の症状を引き起こしてしまうことがあります。

もう一つは神経を抜くということです。
神経を抜いて被せ物(差し歯)にすることで、エナメル質の範囲だけを削った状態よりは歯の大きさを小さくできるのですが、治療時間も被せ物をするための金額もかかってしまいます。

神経をとってしまうと歯は死んだ状態になってしまいます。歯の色の変色が出てきてしまいます。そのためにかぶせ物をする必要があります。
歯の漂白で変色を防ぐことが出来ますが、何度も行うと歯が弱くなってしまいます。

神経は、歯にとってとても大事なものなので、安易に削ってしまう、神経を抜いてしまうともとに戻すことはできません。

矯正治療で対応が可能なケースとは

矯正治療は条件を満たしていれば可能です。
できない状態としては、歯周病が悪化しいている状態です。矯正治療を行う際に歯槽骨の中にある根っこごと動かすため骨がない状態だと歯を支えることが出来なくなってしまいます。

歯槽骨が丈夫であっても歯根部と歯槽骨が密接しているような状態(骨性癒着)は矯正が難しくなります。

上記のような特殊なケースでなければ出っ歯を改善するための矯正治療を行うことが出来ます。

前歯の矯正治療のリスクについて

お口の中の歯を全体に移動させ歯並びだけではなく、かみ合わせも変わることがあるため通常矯正治療は
全額治療を前提で行います。しかし、前歯だけなどの部分的に行う矯正治療はかみ合わせなどを大きく変化させず、一部だけを移動し改善する治療方法です。

矯正に対してのリスクとしてあげられるものとしては、歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮などがあります。

歯根吸収

歯が動くとき歯根も動きます。まわりの骨が改造され骨の中を動いいていくため反応中に歯根が溶けてしまうことがあります。レントゲンを見て歯根吸収がわかるケースは5%ほどで、その後の生活に問題はありませんがもともと歯根が短いタイプなど状況によっては、治療をここまま続けることができない場合もあります。

歯髄壊死

著しい歯列を改善したり、複数回治療したりした歯は神経が弱ってしまっていることがあり、歯を動かすことで血管が切れて歯の変色を起こすことがあります。発現率としては1%もないのですが特に成人矯正をされた方に起こります。万が一、このような状態になったら、将来的には、根管治療が必要です。

歯肉退縮

矯正治療によって失った歯茎や骨は基に戻すことはできません。叢生が強い状態や軽度の歯周病が進行しているような状態は見た目以上に骨が少なく治療後に歯茎が下がってしまうことがあります。

治療期間・金額・・・それ以外に、装置によっては、むし歯のリスク・治療後の後戻り・治療中の食事などがあげられます。

じっくり考えてみよう!

前歯が大きい!出っ歯などは遺伝的な要素もありますが癖や習慣などでその要素を出してしまうことがあります。

治療方法は、矯正治療をすることや歯を削って大きさを少しかえる。もしくはかぶせ物をするなど、方法はいくつかありますが、そこには、必ずメリット・デメリットがあります。安易な考えで、治療をしていくことはやめましょう!

ご自身の口腔内の状況にあわせて治療をしていくことが出来るので、治療を行う際は一度、歯科医院で
ご相談してみてください。

前歯に関するコラムをもっと読む


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.