1. 四元歯科(鹿児島市)
  2. 歯科コラム
  3. 【必見!】歯ブラシの種類と選び方を教えます! タイプ別の使い分けがおすすめ

【必見!】歯ブラシの種類と選び方を教えます! タイプ別の使い分けがおすすめ

毎日使う「歯ブラシ」。あなたは、何気なく選んでいませんか?
歯ブラシにもたくさんの種類があり、どれが自分に合っているのか悩みますよね。
歯磨きの効果を高めるために、歯ブラシ選びは重要なポイントです。

今回は、歯ブラシの種類と選び方についてご紹介していきます。


本当に自分に合った歯ブラシを使っていますか?


毎日行う歯磨きですが、自分に合った「正しい磨き方」を知っている人は、意外と少ないです。
歯磨きとは、「お口のお掃除」をする事。しかし、正しい磨き方が出来ていないと、磨き残しが溜まってしまい、キレイにお掃除することは出来ません。

「歯ブラシを使って歯を磨けば、キレイになるんじゃないの?」
いいえ、残念ながらこれは間違いです。

歯やお口の状態は1人1人違うため、まずはブラシの形状や硬さなど「自分に合った歯ブラシ」を選ぶことが大切です。

歯ブラシの種類はこんなにバリエーション豊富!

例えばドラッグストアでは、歯ブラシだけでも多くの種類が陳列されていますね。歯ブラシの毛の硬さやヘッドの大きさ・形など、それぞれ用途によって異なります。では、どんなものがあるのでしょうか?

歯ブラシの種類

① 歯ブラシの毛の硬さ・・・「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類

かため

汚れを落とす効果が高く、「しっかりと磨いた!」という磨きあがり。ただし、力を入れてゴシゴシと強く磨くと歯や歯茎が傷ついてしまうので注意が必要です。

ふつう

誰でも使いやすい一般的なタイプです。正しい磨き方が出来ていれば、ふつうの硬さでも十分汚れを落とせます。

やわらかめ

歯や歯茎を傷つけにくく、優しく磨くことができます。ただし、汚れを落とす効果が弱いため丁寧に磨くように注意しましょう。(歯茎に炎症のある方・小さなお子さんや高齢の方にも安心です)

② 歯ブラシの毛先の形状・・・「山型・先細り」と「平ら」

山型

歯1本1本にフィットしやすく、歯の間の汚れを落としやすいです。

平ら

歯の表面の汚れを落としやすいです。

③ ヘッドの幅・・・「大き目」・「小さめ」

コンパクトヘッド

奥歯や隅々までしっかり磨くことができます。

大きいヘッド

前歯など歯の面積が大きい歯は磨きやすいです。しかし、細かい部分は磨きにくいため汚れが残らないよう気を付けましょう。

基本の歯ブラシ


一般的には、次のようなものが基本的な歯ブラシとして使いやすいと言われています。

・歯ブラシの毛の並びが縦に3列または4列
・ヘッドの長さが人差し指の第1関節ほど、または奥歯1~2本分
・毛の硬さは「ふつう」
・毛先は平らにカットされたもの

補助的な歯ブラシ

ワンタフトブラシ


矯正をしている人・歯並びがデコボコしている方に、おすすめ

毛束が1つだけの先がとがった形のブラシです。このブラシの特徴は、
磨きにくい一番奥の歯・歯がデコボコしている部分などの
細かい部分を磨きやすいということ。また、矯正装置の境目や前歯の裏側など、
基本の歯ブラシでは磨きにくい部分のお手入れにも適しています。

歯間ブラシ


歯と歯の間に隙間ができてきた方に、おすすめ

歯と歯の間に残った汚れを取り除くためのブラシです。
歯間ブラシのサイズは細~太まで多数あるため、自分に適したものを選びましょう。
合わないサイズのものを使い続けると、歯茎に負担がかかってしまうので、
歯科医院であなたに合うものを聞いてみましょう。

多くの方は、基本の歯ブラシ1本で歯を磨いていると思います。しかし、いくら丁寧に磨いても歯と歯の間などの磨きにくい部分は、残ってしまうことがあります。

実は、歯ブラシのみでは歯と歯の間の汚れは約60%しか取り除くことは出来ないのです。
一方で、基本の歯ブラシに加え「補助的な歯ブラシ」を併用すると、80%近くまで汚れを除去できるという研究データもあるので、「なんだか磨けてない気がする・・・」という方は、歯ブラシを使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

タイプ別におすすめの歯ブラシをご紹介!

以下では、基本の歯ブラシ・ワンタフト・歯間ブラシごとに厳選した、8つの歯ブラシをご紹介していきます。一度は試してみる価値、有りです。

基本の歯ブラシ

【ヘッドが小さく、奥歯も磨きやすい!】歯周病や知覚過敏のある方には、やわらかめ(S)がおすすめ。


DENT.EXスリムヘッドⅡ M(ふつう)


【歯科医推奨!】歯科医が勧める「つま先磨き」、「かかと磨き」が効果的にできる設計。


クリニカハブラシ フラットカット 3列ふつう


【日本歯科医師会推薦!】先細毛の毛先で、歯と歯茎の境目もしっかり磨けます。


GUM デンタルブラシ#191 ふつう


【10代の方・女性のために作られた歯ブラシ!】磨きにくい生えかけの永久歯も、顎の小さい女性も、これ1本で細かな所までしっかり磨ける。


ルシェロ B-20M/S ピセラ


ワンタフト

【最後臼歯の遠心面や矯正装置の清掃に!】ラバー付きハンドルで指にフィットする作りのため、余計な力がかかりません。


エビス Profits 歯科向けワンタフト


【部位・症例に合わせて選べる3つのブラシ!】歯茎との境目やインプラント・ブリッジ・矯正装置のお手入れに。


DENT.EX onetuft systema


歯間ブラシ

【SSSS~Lサイズまで!サイズが豊富】奥歯も使いやすい柔らかネック。ワイヤー部分の根元をプラスチックが覆っているので、安全に折り曲げて使えます。


エビス デイリー歯間ブラシ


【ワイヤーを曲げずに使えるL字型の設計】SSSサイズは独自の楕円ワイヤーを採用、歯茎を傷めにくく、スムーズな使い心地を実現!

目的に応じて歯ブラシを使い分けよう!


プロスペック 歯間ブラシ アングルアクア


歯磨きの目的は、「歯のお掃除」=汚れを落とすことです。
正しい歯磨きが出来ていても、歯ブラシがご自分に合ったもの出なければ、磨き残しの原因となってしまいます。キレイなお口を保つためにも、あなたのお口にあった歯ブラシを探してみましょう!

「どれが自分にあっているのか分からない!」と自分で選ぶのが難しい場合は、歯科医院で歯科衛生士に相談してみてはどうでしょうか。

あなたに適した歯ブラシや正しい磨き方を、知ることができますよ。

歯ブラシに関するコラムをもっと読む


エントリーリスト

© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.