1. 四元歯科
  2. 診療メニュー
  3. 入れ歯のお悩み

入れ歯のお悩み

入れ歯なら、四元歯科にお任せください。

1.あなたのお口にぴったり合った入れ歯を作ります。


四元歯科では、患者様お一人おひとりのお口にぴったりと合った入れ歯を作っています。
 
初めて入れ歯を作られる方はもちろんのこと、他の歯科医院で作られた入れ歯に関するお悩みでも大丈夫です。気になられるポイントは人それぞれ異なるものです。一からの製作や現在お使いになられているものの修理、部分入れ歯や総入れ歯など、入れ歯に関するどんなことにも対応いたします。お気軽にご相談ください。
 
 
入れ歯にも保険適用のものと自費のものがありますが、四元歯科では保険適用の入れ歯でも不具合なくお使いいただけるように製作いたします。
初めから自費の入れ歯をお勧めすることはありませんのでご安心ください。以前作られた入れ歯が古くなったり、もっと良いものに変えたいと思われたりした時に、いろいろな選択肢をお考えいただければと考えております。
なお、ご希望があるようでしたら最初にしっかりとご説明させていただきますので、遠慮なくお声掛けください。

「おいしくご飯が食べられる」「不安だったけど作って良かった」と、患者様に満足していただける入れ歯を製作するために、必要となる知識や技術の会得への努力を欠かさないよう日々励んでおります。

入れ歯に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、四元歯科へお越しください。

⇒4.入れ歯製作にあたってのこだわりはこちらから

2.初めての入れ歯…お悩みにお答えします。

初めて入れ歯を作ることをお考えの方は、お口の中の変化や使用感に対してなど様々な不安や疑問をお持ちではないでしょうか?「歯を抜くことになるのでは…」「しっかり噛めるのかな…」「すごく目立つのでは…」など、お一人おひとり気になられるポイントは様々だと思います。
そもそも、「どうしても入れ歯にはしたくない!」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そんな入れ歯製作前の不安を少しでも解消できるように、ここからは患者様からよくご質問いただく内容についてご説明させていただきます。

●抜歯や痛みに対しての不安や疑問をお持ちの方へ


入れ歯とは、「歯を失ってしまった部分に、歯の代わりとなるように入れる装置」です。
すでになんらかの理由で歯を失なわれている場合は抜歯をせずに製作できますが、残すことが難しくなってしまった歯がお口の中にまだ残っている場合は、抜歯処置が必要です。

四元歯科では、患者様ができる限り痛みを感じないように配慮しながら治療を行なっています。それは入れ歯に関わらず、入れ歯製作のために必要な抜歯などの処置の際も同様です。
入れ歯製作にあたっての治療の流れや必要な処置については、製作を始める前にしっかりご説明させていただきます。ご不安などございましたら遠慮なくおっしゃってください。ご納得いただいた上で治療を開始していきましょう。

⇒治療時の痛みに関する詳細はこちら

●見た目の変化が気になられる方へ

入れ歯は、ご自身の歯の代わりとなるものです。そのため、お口の中に残っている歯とうまく馴染ませることで、見た目の違和感を減らすことができます。
入れ歯を製作する際は、歯や歯茎の色や形などを細かく調べます。そしてすぐに完成させるのではなく、完成一歩手前のもので患者様ご自身に装着した際の見た目を確認していただくようにしています。
歯の長さや並び方、歯茎の張り方など、見た目の不安がなくなるように修正を行うことが可能です。
あなたの理想により近い入れ歯を製作していきましょう。

●使用感が不安な方へ


「自分の歯と変わらず食事ができるのだろうか…」

『しっかりとものが噛めるのか』という部分に不安を感じていらっしゃる方が大変多いです。
最初は違和感があっても慣れることができる方もいらっしゃれば、どうしても難しい方もいらっしゃいます。こればかりは感じ方にも個人差があるため、一度お使いいただかないとなんともいえません。
また、ご自身の歯を毎日磨くように、入れ歯もしっかりとお手入れをしないと汚れが付き、口臭の原因などにもなります。歯磨きと同じように、お手入れの習慣を身につける必要があります。もちろん、お手入れの方法についてもしっかりとご説明させていただきます。

お使いいただいて、やっぱり自分には合わないと感じられた時は、入れ歯ではない選択肢を考えていただくこともできます。お口の中の状態によって異なりますが、ブリッジやインプラントという方法です。(保険適用内外ございます)
「どうしても使えない」と感じられた方は、別の方法を一緒に考えていきましょう。

⇒ インプラントについての詳細はこちら

●どうしても入れ歯にしたくない方へ

現在の技術では、歯を失ったところに人工の歯を入れる方法は3種類しかありません。
「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」です。
そして、それぞれに長所と短所があります。また、全て選択可能なケースと、そうでないケースもあります。
「入れ歯にする」ということに抵抗があり、一度試してみること自体嫌な方もいらっしゃるでしょう。
そういった方へは他にどのような選択肢があるのかをご説明させていきますので、一緒に考えていきましょう。

⇒ インプラントについての詳細はこちら


四元歯科では、患者様が現在抱えられているご不安やご不便を解消することが最優先だと考えています。そのため、患者様のお気持ちをお伺いしたうえで、よりよい解決方法をご提案いたします。しっかりと時間を確保し、リラックスしていただきながらカウンセリングを行います。
「入れ歯を作る」と決められる前で構いません。まずはお話をお聞かせください。

3.入れ歯に関するトラブル

こちらでは、普段入れ歯を使われる中で起こりうる症状や、よくご相談いただくお悩みについてご説明いたします。

●痛い

入れ歯を装着したり、物を噛んだりすると痛みを感じることがあります。これは、入れ歯のベース(歯茎)部分の形が、ご自身の歯茎の形に合っていなかったり、ご自身の歯と人工歯との噛み合わせが合っていなかったりすることが原因だと考えられます。

ベース部分の形が合っていない

歯茎に適切に接することができていれば、入れ歯は外れません。適切に接するというのは、ご自身の歯茎と隙間なくぴったりと接しているということではありません。唇や頬、舌などは、話をしたり食事をしたりする度に動きます。それに合わせて自由に動く余裕がなければ、その余裕がない部分が入れ歯に圧力をかけて痛みを感じるのです。入れ歯のベース部分というのは患者様ごとに適正なラインがあり、入れ歯の大きさや部分によっても異なります。そのラインに合った形でなければ、不快な症状が現れてしまいます。

人工歯の噛み合わせが合っていない

人工歯の噛み合せが合っていないことが原因で痛みを感じることもあります。人のお口の形はお一人おひとり異なります。もともとの歯の形、大きさや噛み癖なども影響するため、患者様のお口に関わる情報を踏まえた上で入れ歯を製作していくことがとても重要です。そういった部分まで考えられていないと、物がしっかり噛めなかったり、歯茎に負荷がかかったりしてしまいます。そしてそれが、「痛み」という症状を引き起こしてしまうのです。

こういったお悩みを解消するために、四元歯科では、お一人おひとりの適正ラインをしっかり診断しながら入れ歯を製作しています。

●外れる

物を噛んだり、話したりすると外れてしまうことがあります。こちらも、入れ歯のベース部分の形が適切でなかったり、人工歯の噛みあわせが合っていなかったりすることが原因であると考えられます。

ベース部分の形が適切でない

歯茎に対して入れ歯のベース部分が大きすぎると、歯茎と入れ歯との間に隙間ができて不安定になり外れてしまいます。

人工歯の噛みあわせがあっていない

人工歯の噛み合せが合っていないことが原因の場合もあります。人の口の形はお一人おひとり異なります。もともとの歯の形、大きさや噛み癖なども影響するため、患者様のお口に関わる情報を踏まえた上で入れ歯を製作していくことがとても重要です。そういった部分まで考えられていないと、物がしっかり噛めなかったり、歯茎に負荷がかかったりしてしまいます。

●喋りにくい

入れ歯の高さが合っていないことが原因で喋りにくくなってしまうことがあります。
こちらは、人工歯と入れ歯のベース部分のバランスによって、症状の出方が異なります。
人工歯部分が高く作られていると、「サ行(さしすせそ)」や「タ行(たちつてと)」が発音しにくくなり、ベース部分が高く作られていると「ラ行(らりるれろ)」が発音しにくくなります。
このお悩みを解消するためには、お口の中全体をみて、人工歯と入れ歯のベース部分のバランスを適切にすることが重要です。

●吐き気がする

入れ歯のベース部分が長く、喉に当たってしまうことが原因と考えられます。
また、下の入れ歯のベース部分が長かったり厚かったりして、舌を圧迫しすぎてしまうことが原因の場合もあります。
このお悩みを解消するためには、入れ歯のベース部分を適切な大きさ、形に製作することが必要です。



●臭い


入れ歯の臭いは細菌の繁殖が原因です。入れ歯もご自身の歯同様に、しっかりとお手入れを行い清潔に保たなければ、汚れがつき細菌が繁殖してしまいます。
今お使いの入れ歯の臭いが気になる場合は、医院にて洗浄することで軽減できます。
また、ご自宅でのお手入れ方法や、お勧めの洗浄剤などもご紹介させていただきます。

4.入れ歯製作にあたってのこだわり

四元歯科のこだわりが、入れ歯でのお悩みを解消します。

せっかく作ったのに入れ歯が合わなくて使えない…なんてことになってしまう原因は、

・精密な型取りができていない
・噛み合わせの確認が不十分である

ことだといわれています。製作時にこれらが正しく行われないことで、患者様のお口に合わない入れ歯ができあがってしまうのです。
四元歯科では、患者様のもともとのお口の中により近づけられるように、型取りと噛み合わせの確認を入念に行います。
この工程を精密に行うことで完成前の修正の回数を減らし、歯がないことで不便な期間を短縮することもできるのです。

四元歯科の入れ歯製作の工程

入れ歯の製作は以下の工程で行います。


入れ歯を製作するにあたって、今のお口の中の状態をしっかりと把握しておく必要があるため、お口の中を全体的にチェックさせていただきます。その結果、入れ歯の製作前に他の歯の治療を行うこともあります。
総合的に考えると、その順番で行なった方が患者様のお口にぴったりと合った入れ歯を早く製作できる、つまり、しっかり噛めるようになるまでの期間を短くできると判断した場合です。

総入れ歯も部分入れ歯も、見た目だけではなく最終的な噛み合わせの状態までしっかりと確認した上で製作していく必要があります。残っている歯の治療を入れ歯製作後に行い噛み合う位置が変わった場合は、一度完成した入れ歯の噛み合わせを再度調整することになるかもしれないのです。

もちろん順番に関しては、治療開始前にご説明させていただきます。
治療方針にご同意いただかないかぎり治療を進めることはございませんので、ご安心ください。


また、抜歯処置から始めることになる場合、事前に型取りをして入れ歯をあらかじめ製作しておき抜歯を行なった日に入れる、つまり歯がない期間がないように製作していくこともできます。
お口の中の状態によってできるかどうかが変わりますので、可能かどうかは一度ご相談ください。

1回目 型取り①

1回目の型取りは、今の歯茎の状態を知るために行います。

この型を基にして、精密な型取りに必要なその方専用のトレーを作ります。
多くの歯科医院はこの型取りを省き、既製のトレーで精密な型取りが行われてしまうのですが、既製のトレーでは入れ歯のラインを正確に導き出すことができない恐れがあります。

お口の中は想像以上に複雑で、お一人おひとり異なります。
ご自身の歯茎の形に近づけてぴったりと合った土台を作るには、歯がなくなってしまった部分だけではなく、唇や頬の内側などの粘膜や筋や筋肉なども考慮に入れて設計する必要があります。
しかし既製のトレーでは大きすぎたり小さすぎたりしてしまい、患者様のお口の中の情報をしっかりと読み取ることができない場合があるのです。

2回目 型取り②

1回目の型取りで製作した、その方専用のトレーを用いて、精密な型取りを行います。
 
この型を基にして歯科技工士が噛み合わせの確認をするための「咬合床」を製作するため、歯科医は患者様のお口を動かして、唇の形、頰や筋肉の動きなどの情報が読み取れるように型取りをします。
この型取りが精密に行えていないと、ぴったり合う入れ歯を製作することができませんので、非常に重要な工程です。

3回目 噛み合わせの確認

歯科技工士が、実際の入れ歯のベース部分とほぼ同じ形をした「咬合床」というものを製作します。

この咬合床を使用して、上下の歯の噛み方、ご自身の歯と入れ歯のバランス、入れ歯の傾きなどを確認しながら噛み合わせの位置を決定していきます。

再現しにくい奥歯の噛み合わせの位置も、「パラフィンワックス」という熱で変形するワックスを用いて入念に調べます。
これを行うことによって、入れ歯につける人工の歯の大きさや長さなどを決定したり、お一人おひとり異なる噛み癖などを確認したりすることができます。

4回目 仮の入れ歯での確認

咬合床を基に、仮の入れ歯ができあがってきます。

それを患者様に実際につけていただき、
・装着感
・噛み合わせ
・装着時の見た目(歯の形や長さ、色など)
・発音
などを細かく、入念に確認していきます。

気になるところ、不安な部分を残さないようにするための確認ですので、どんなことでも大丈夫です。遠慮なくおっしゃってください。

5回目 完成 入れ歯の装着

仮の入れ歯での確認を基に修正を行い、技工所で仕上げます。
そして、できあがってきた入れ歯を患者様につけていただきます。

噛み合わせや見た目も、患者様にぴったりの入れ歯です。ベース部分の厚み、舌やのどの奥にあたる部分など、細かく調べて製作していますので、痛みはもちろん発音のしにくさや吐き気などといった不快な症状もなく、ご満足いただける入れ歯に仕上がりました。
あとは実際に食事をしていただき、使用感を確認して全ての工程が完了です。


5.入れ歯の修正もお任せください。

現在使用中の入れ歯でお悩みの方へ

「物を噛むと外れてきてしまう」
「入れ歯が歯茎に当たって、こすれて痛い」
「入れ歯がカタつく」
「入れ歯と歯茎の間に物が挟まる」
 
四元歯科には、このような入れ歯のお悩みで来院される方がたくさんいらっしゃいます。
歯を失った部分は徐々に歯茎が痩せ、入れ歯を製作した時とは歯茎の形が変わっていくため、入れ歯が合わなくなることがあります。
しかし、こういったどうしようもないことよりも、入れ歯がもともと合っていないことがお悩みの原因になっていることが大変多いです。

合わない入れ歯を積極的に使用することはなかなか難しいでしょう。
しかし、はめずに食事をすれば残っているご自身の歯に負担がかかりますし、歯茎が痩せてさらに入れ歯が合わなくなるという悪循環を生みます。
自信を持って笑えない…なんてことにもなってしまっているかもしれません。

お悩みの解決方法は二つ

問題なく入れ歯をはめられるようにするには、
・新たに一から製作する
・現在使用中の入れ歯を修正する。
この二つの方法があります。
入れ歯のお悩みを確実に解決するには、新たに一から製作することが最良の方法ではあります。

⇒4.入れ歯製作にあたってのこだわりはこちらから


しかし、取り急ぎ現在お使いになられている入れ歯を修正するだけでも、お悩みが解決して入れ歯をはめられるようになるかもしれません。
問題なく入れ歯をはめられるようにすることは、残っているご自身の歯を守り、快適な生活を送れることにつながります。
他院でお作りになられた入れ歯でも大丈夫です。お気軽にご相談ください。


© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.