1. 四元歯科
  2. 診療メニュー
  3. ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは?

ホワイトニングは歯を削ることなく、専用の薬剤を使って安全に歯の色をつややかな白い歯に導く方法です。クリーニングや加齢・遺伝による黄ばみを落とすことができます。笑顔の印象も格段にアップするので、学生の方、接客業や営業職の方など、人と関わることの多い職業の方にも人気です。

クリーニングとホワイトニングの違いとは?

歯のクリーニングも着色汚れや歯石除去に効果があり、歯の色に対して一定の効果はあります。ホワイトニングとの大きな違いは以下の通りです。

クリーニングで落ちる汚れ

歯石・歯垢や歯の「表面」についた着色汚れにアプローチできるので、歯を「本来の白さ」を取り戻すことができます。クリーニングだけでも、人によってはかなり歯が白くなることを実感していただけます。
クリーニングは保険診療の対象であり、健康保険が適応されます。

ホワイトニングで落ちる汚れ

歯のホワイトニングでは、専用のお薬で歯の色素を分解して、「歯そのもの」を白くすることができます。ホワイトニングを行う際にも、歯の表面が汚れていると、十分な効果が得られないことがあるので、事前にクリーニングをお勧めしています。
ホワイトニングは審美性を高める治療のため、自由診療となり保険が適応されません。


ホワイトニングの治療方法と流れについて


1.トレーの作成

まずトレーを作製します。型取りをして、ホワイトニング用のマウスピースを作成します。
マウスピースの作成・薬剤の取り寄せに時間がかかるため、マウスピースをお渡しするまでに1~2回の来院が必要です。
クリーニングがお済みでない方は、マウスピースができるまでにお口のクリーニングを行い、ホワイトニングを始める準備をします。

2.就寝時に装着(2~3週間程度)

マウスピースを受け取り、薬剤の使い方を歯科衛生士がご説明させていただきます。
あとはご自宅で毎晩寝る時にトレーの中に薬液をいれ、それをつけたまま寝るだけです。途中で数回、薬の濃度調整や経過観察のために来院して頂くことがあります。
効果は2~3週目からでてきます 。

白さはどのくら持続するのか?

ホワイトニングの効果はどのくらい継続することができるかというと、一般的にホームホワイトニングで1年、オフィスホワイトニングでは3ヶ月~半年といわれていますが、個人差や生活習慣によって差があります。
せっかく白くした歯はできるだけ長持ちさせたいですよね。ホワイトニングの効果を持続させるためには、以下の用なことに気を付けて生活するのがオススメです。

  • ホワイトニング直後の着色の強い飲食を避ける
  • 着色の強い飲食後は、うがいをする(口をゆすぐ)
  • 追加でホワイトニングを行う(タッチアップホワイトニング)
  • 歯の定期健診を受診する(クリーニングや歯面清掃で歯の汚れを除去する)

ホワイトニングをご検討中の方へ

ホワイトニングを行う前に、四元歯科では食事や喫煙、歯磨きの強さなど、生活習慣などの確認もさせていただきます。より効果的に、長持ちするホワイトニングをご提供してまいります。


© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.