1. 四元歯科
  2. 診療メニュー
  3. インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療とは


安心安全なインプラントで食べる喜びを
虫歯や歯周病で歯を失った場合の治療法がいくつかありますが、今現在で最良の方法はインプラントでしょう。
インプラントとは、あごの骨に人口の歯根を埋め、その上に歯冠を取り付ける治療方法です。

インプラントの種類

インプラントとは、顎の骨に埋入する人工歯根のことを指します。
入れ歯やブリッジの治療との違いはなんといってもこの「人工歯根」です。歯根があることで、食事などの際に歯根を通して顎へ振動が伝わります。顎の骨が刺激を受けることで、骨の退縮を防ぐことができます。

対して入れ歯やブリッジでは、骨への刺激が伝わらないため、骨が少しずつ痩せていきます。
人工歯根(インプラント体)と、その上に「アバットメント」と呼ばれる支台部、その上に取り付けられる人工歯(被せ物)の3つのパーツを組み合わさり、歯としての機能を果たすようになります。

各パーツはそれぞれ以下のような種類があります。

人工歯根(インプラント体)

チタンまたはチタン合金

アバットメント(支台部)

チタン、チタン合金、ジルコニアなど

人工歯(被せ物)

レジン(プラスチック)、セラミック、ハイブリッドセラミック(セラミック+レジン)、金合金など

インプラント治療のメリットとは?

・健康な歯を削らない
ブリッジでは支えとなる歯を削る必要があり、部分入れ歯ではバネがかかる歯に負担がかかります。インプラントなら周りの歯へのダメージが少ないというメリットがあります。

・咀嚼能力に優れている
一般に、インプラントの噛む力は天然しとほぼ同じとされています。天然歯の噛む力を100とするとブリッジでは60%程度、総入れ歯では10〜20%程度、と言われています。

・骨が痩せるのを防ぐことができる
総入れ歯をされている方が、入れ歯を取ると口元がすぼんで見えます。これは、長年入れ歯を使用するうちに顎の骨が痩せ、口元が痩せてしまうのです。インプラントは、人工歯根を通じて顎への刺激が与えられるので、骨が痩せるのを防ぐことができます。

・天然歯のような見た目
自分の歯のような見た目・使いごごちが叶うのがインプラントのメリットの1つです。

インプラント治療のデメリットとは?

・治療期間が長い
インプラントの治療は、インプラント体の埋入(手術)から、被せ物まで全て完成するまでに時間がかかります。骨が安定するまで安静にする機関や、上部構造を製作するのにも時間がかかるためです。お口の状態にもよりますが、4ヶ月〜半年ほどかかるケースもあります。

・自由診療であり、費用が高額
保険が適用されないため、費用の負担が大きい治療になります。医院によって、クレジットカードやデンタルローンの取り扱いも様々なため、事前に支払い方法の確認が必要です。

・治療が受けられない方もいます
歯を失って長い間放置していた方の場合、顎の骨が痩せ、インプラント体を魔移入できるだけの骨が残っていない場合があります。骨移植・骨再生誘導法などにより対応できる場合もあります。まずはレントゲンやCTなど、精密な検査で骨の状態を確認することが必要です。
また手術を伴う治療のため、全身疾患(心疾患、糖尿病、骨粗鬆症など)で症状が重い方の場合、治療をオススメできないことがあります。投薬のある方も、主治医への相談が必要です。


四元歯科のインプラント治療とは?


人工の歯根を埋め、あごの骨と結合させることで、天然の歯に限りなく近い力と感触で噛むことができるというところがインプラントの魅力。

また、入れ歯やブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要がなく、通常より丁寧に歯磨きをするだけで自然の歯と同じような感覚を味わえるのもメリットです。

ですから、健康な歯を削るのに抵抗がある方や入れ歯が合わない方、自然な歯並びを取り戻したい方にも適しています。


インプラントの手順


1.骨・歯肉の切開


ドリル等を用いて、骨と歯肉を切開します。
(もちろん麻酔等を使います。苦痛等を心配なさる必要はありません)。


2.インプラントの埋入


インプラントを骨に埋め込みます。次に歯肉を縫合します。


3.アパッチメントの連結


数ヶ月後、問題がないことを確認してからインプラントにアパッチメント(人工の歯根と人工の歯をつなぐパーツ)を連結します。さらに型取りを行います。

※ このあと2週間程度安静期間をおきます。その間に、型に合わせて歯の上部構造を作成します。


4.人工の歯の連結


上部構造をアパッチメントにかぶせます。

以上の手順で、人工の歯を口の中に固定させます。



四元歯科のインプラント治療の特徴


1.治療期間について


インプラントと骨を強固に接合させるため、インプラント治療には手術後、下あごは3ヶ月以上、上あごは6ヶ月以上の安静期間が必要です。

骨の密度が高いと ころほど多くの安静期間を確保しなければならないため、インプラントを埋める場所によって安静期間は変動するのです。

ですから、インプラント治療にかかる 期間は、待ち時間や前後に行う治療の期間を含めると約6ヶ月〜12ヶ月ほどということになります。


2.安心のアフターケア


当院では治療終了後も数ヶ月に1度経過観察を行い、アフターケアをしております。
個別に細かく対応しているので、安心してお任せ下さい。

また、日常のケアについては、ご自身の歯と同じように、歯ブラシや歯間ブラシで丁寧にブラッシングして頂くだけでOKです。患者様に合ったブラッシング指導も行っています。


3.安全のための技術


インプラント治療において神経を傷つけるなどの事故は絶対に避けなければなりません。
患者様に安心・安全を届けるためには、CT・レントゲンで精密に検査する必要があります。

CTは当院と連携している歯科医院で撮影出来ます。
3D画像で神経や歯の状態を詳細に検査することができますので、安心してインプラント治療に臨んで頂けます。

入れ歯やブリッジ、インプラントなど、歯を失った場合の治療方法はいくつもありますが、その中から患者様の要望に合った治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。


© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.