1. 四元歯科
  2. 歯とお口のトラブル
  3. 歯が痛い・しみる

歯が痛い・しみる

歯が痛い、しみる方
四元歯科の「歯が痛い・しみる」症状を治すポイント

1.しみる場合

しみるような症状があれば、まずう蝕が疑われます。う蝕の場合は最初は甘いものや冷たいものがしみたりします。
う蝕が進むとだんだん痛みが強くなってきます。
ひと口に「歯がしみる」といっても、その原因や症状は人それぞれです。
いちばん理解しやすいのは、むし歯で歯に穴が開き、むき出しになった神経に冷たいもの、酸味の強いもの、歯ブラシなどがさわってしみる場合でしょう。
一方、歯に穴が開いているわけでもないのに、冷たいものを食べたり飲んだりしたときなどに歯がキーン、ズキーンとしみることがあります。
このような場合、「象牙質知覚過敏症」が疑われます。
象牙質知覚過敏症の症状は、冷たい飲食物や歯ブラシがさわったときにしみる場合だけでなく、チョコレートのような特定の食べものを噛んだときにしみて、のちのちまで余韻が残る場合などさまざまです。
また、しみる度合いも人それぞれに異なります。

四元歯科では、まずはあなたの痛みや不快感を取り除く処置を最優先で行います。例えば、冷たいものを飲んだときや食事をしたときに「しみる」と感じるような症状であれば、しみ止めの薬剤を塗布することでかなり楽になります。
そして症状が落ち着いたら必要に応じて検査などを行い、原因を特定していきます。

しみ止めを塗っても症状が改善しない場合、むし歯が原因であることが考えられます。
夜寝る前に痛くなったり、熱いものを食べると痛くなったりするようになるとう蝕もかなり重症です。冷たいもの・熱いものがしみなくて、痛みが強い場合は歯の根のほうの細菌の感染が疑われます。痛みがあるときは痛みを抑える応急処置を、割れや欠けがあるときは補修を行い、必要があれば痛み止めを服用していただく、また痛くないように麻酔をかけてから治すこともあります。
応急処置により症状が治まりましたら、簡易検査や精密検査を行い原因を特定していきます。

虫歯治療について詳しくはこちら

2.むし歯の場合

残念ながらむし歯は進む一方で自然に治ることはありません。
しみる症状を通り越して痛みが出るということは、バイ菌は歯質を通り過ぎて歯の神経にまで到達したサインかもしれません。
早めの来院をお奨めします。
初期の虫歯であれば、悪い箇所だけを削り1回で治療が終了することもあります。
また、神経までむし歯菌におかされているような重度のむし歯の場合でも、四元歯科では麻酔から治す後まで、ほとんど痛みを感じることはありません。
「とにかくまずは症状を抑えたい」「時間ができてから根本的に治したい」など、患者さんのご都合を伺いながら虫歯を治す計画を立てていきます。

虫歯治療について詳しくはこちら

費用について詳しくはこちら


© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.