1. 四元歯科
  2. 歯とお口のトラブル
  3. 歯のヒビ、欠け、割れ

歯のヒビ、欠け、割れ

四元歯科の「ヒビ・欠け・割れ治療」のポイント

ご希望に応じた治療をご提案

治療方法や治療期間期間について、患者さんのご希望を伺いながら一緒に考えていきます。
四元歯科では患者さんのご希望を第一に治療を行います。
「根本的にきちんと治療したい」「とにかく症状が治まればいい」などご要望がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

⇒費用について詳しくはこちら

1.ヒビが入っている場合

ヒビが入っている場合の痛み方は、神経を取っていない歯と取ってある歯では異なります。
神経を取っていない歯にヒビが入った場合、咬むと歯科医院で歯を削られた時の様な、電撃的な激痛が走ります。ヒビが入る場所は多くは歯の咬む部分に起こります。
そしてその部分のヒビが有る程度進んで、咬むと歯を押し広げるような力が働く様になると、歯の中の歯髄(神経)を刺激するからです。
四元歯科では拡大鏡を使って目視して、ヒビの程度、場所を確認します。小さなヒビであればその箇所を接着して進行を抑えます。大きなヒビ、もしくは虫歯が進行してヒビが入っている場合は症状に応じて治療を行います。

2.欠けている場合

欠けた部分を補うために、基本的には1~2回の通院で虫歯同様の治療を行います。歯が欠ける根本的な要因には、詰め物が合わない、噛み合わせが合っていない、「食いしばり」や「歯ぎしり」をするなどがあります。また、歯に強い衝撃を受けると、歯が欠けてしまいます。
歯の欠け方が部分的で軽度な場合は、痛みなどの症状は出にくく、神経や歯周組織への影響も少ないことが多いのですが、欠けた部分から歯髄が感染を起こしたり、後で歯の変色や歯肉の腫れが生じる可能性もあります。

歯が欠けて神経まで達するような重度の場合は、炎症が起きて強い痛みや歯肉の腫れなどを引き起こすことが多いので、早めの治療が必要です。
状態によって神経の処置を行い、最終的に歯を元の形に修復します。
四元歯科では、それぞれの要因に合った治療をご提案いたします。

3.割れている場合

歯が割れてしまった症状を「歯根破折」と言います。
この歯根破折が起こる原因は、次のようなことが考えられます。

  • 再治療を繰り返し、歯質が薄くなっている
  • 神経を取った歯は脆くなるため、強く噛んだ時に折れてしまう
  • メタルコア(神経を取る治療をしたあとの金属製の土台)が入っているため、噛んだ時に歯根に過度な負担がかかる
  • 歯ぎしりや食いしばりなどの癖
  • スポーツや事故やアクシデントにより歯を強くぶつけた

歯根破折に伴う症状は、次のようなことが挙げられます。

・歯茎が腫れて膨らんでくる
破折した箇所から細菌が入ると腫れて痛みが出てきます
・かぶせものが外れる
破折した部位から水分が入るとセメントが溶けていくことがあります。
また、歯根が割れて土台ごと歯がが抜け落ちてしまうこともあります。
・神経を取った歯が急に痛む
神経を取ると歯が薄く脆くなるため、歯根破折を起こしやすくなります。歯根が割れると、歯が痛くなくても周囲の歯茎が痛みます。

四元歯科では、それぞれの症状にあった治療をご提案いたします。


© 医療法人 寿洋会 四元歯科 All Right Reserved.